カテゴリー
記事

髪の毛を構成しているのは大部分がタンパク質

赤血球が持つヘモグロビンの原料として欠かせない栄養素が鉄分です。

血液の中の酸素は赤血球が運んでいますから、鉄分が欠乏すると酸素が満足に運ばれず、血液の流れが悪くなってしまいます。

そのため頭皮も具合が悪くなり、薄毛や抜け毛の要因を作ることになるため、育毛と鉄分摂取は強固な相関関係にあります。

鉄分が含まれている食品には、レバーやアサリ、シジミなどがあります。

髪の毛を構成しているのは大部分がタンパク質です。

髪の他にも、人間の身体ではタンパク質から成る部位があちこちにあります。

タンパク質を得ると生命を維持するのに欠かせない場所からまず補給していくことになるので、あってもなくても生死に影響しない髪の毛にも分配されるためには申し分のない量を摂取することが必要です。

育毛中は、タンパク質が豊富な大豆などをせっせと取り入れる事が欠かせません。

頭皮や毛根周辺に刺激を与え、発毛や育毛させようとして、ブラシなどで頭部を叩く方法があると良く耳にしますね。

答えからいうと、この頭皮を叩く方法は頭皮環境にあまり良い影響を与えず、髪の毛が抜けたり薄くなったりする場合もあるのです。

このようなことにならないためには、先端がとがったブラシなどを使わずに、丸くて柔らかい指先などでマッサージするのであれば、ひどいダメージを与えることなく毛根や頭皮の状態をアップさせることが可能になるのです。

普段から行っている頭皮などのケアが、本当は育毛や養毛にとって却って逆効果になるケースがあることを覚えておいてください。

例を挙げると、いち早い結果を求めて使用上の注意に記載されていることを守らずに多く養毛や育毛のための薬などを使ってしまったケースです。

たくさん使えば良いのかというとそうではないですし、薬剤の有効成分によっては使用量を守って頭皮に使わないと頭皮にかぶれなどのトラブルを引き起こす要因になることもあるのです。

よくメントール入りのシャンプーを見かけますが、これに入っているのはペパーミントのことで、育毛の効能があるハーブの一種です。

このペパーミントオイルを使って動物実験を行った結果、育毛効果が期待できることが確認できたのです。

そうは言っても、ペパーミントオイルをそのまま直に頭皮に塗ってしまうのは刺激の方が強すぎて育毛効果どころではなくなりますから、決してやってみようなどと考えないでくださいね。

飲み物としてハーブを摂ろうとするならば、AGA(男性型脱毛症)発症のメカニズムのカギを握る酵素の働きを阻害してくれるハーブだといわれているローズマリーのお茶が一番良いです。

普段からしているブラッシングの方法を正しく実践することは、健やかな髪の毛を生やす土壌を整えることに繋がります。

ブラッシングするときは先が尖ったものを使わずに、静電気が原因となって髪の毛同士が摩擦を引き起こしにくいものをじっくりと見比べて選ぶと良いでしょう。

多少お値段が張りますが、天然素材で作られたブラシを選択すると良いでしょうね。

さらにブラシの先端が丸くなっているものを使用するときにも、できるだけブラシを頭皮に当てないようにすれば毛根や頭皮の状態に負担をかけないようにすることが可能です。

抜け毛の対策に自分で楽に実施できる方法は、日々行っているシャンプーの仕方を見直すことです。

湯船に浸かってじっくりと身体を温めて洗髪するのは頭皮の毛穴が開いてから行って、実際にシャンプーを使う前にお湯洗いを実施してしっかりと皮膚の脂を落とす、いざ洗髪するときには爪を立てたりせずになるべく頭皮を守りながらシャンプーしてあげることなどが挙げられます。

以上は抜け毛を防止するのに役立ち、さらに、治療で育毛していく際にも並行して行うことが重要です。

ノンシリコンシャンプーは髪の毛に優しい印象がありますが、髪の毛に直接影響しているのは実はシリコンそのものではなかったのです。

強い洗浄作用のある成分が入っているシャンプーは強力な洗浄作用故に髪の毛がパサついてしまうので、ゴワつきを緩和するために仕方なくシリコンを使っているのが本当のところです。

育毛のためにはシリコン入りかノンシリコンかの相違ではなしに、配合されている洗浄成分の方に注目してください。

全身に多数広がるツボの中には、発毛とか育毛に効き目を示すツボも見られます。

頭部にあるものが大半で、例としては頭頂部の百会というツボで、血行を促進し抜け毛予防に効果的です。

過剰に強い力でツボを押してしまうと頭皮にとって負荷となってしまいます。

やや痛いけれど気持ちいいというくらいの力で、回数は1箇所につき3回から4回程度がおすすめです。

FDAが認可を出したアメリカを筆頭に、低出力レーザーは諸国が認める育毛効果を持っています。

人間の体の細胞を活発に活動させたり血液循環を良くするのに有効で、育毛とは別の治療においても実績を示しています。

国内のクリニックでも導入が珍しくなくなってきましたし、業務用に比べパワーが落とされている低出力レーザー育毛器も家庭用に買うことができます。