カテゴリー
記事

良質なたんぱく質以外にもミネラルやビタミン、亜鉛も大切

もしAGAの治療をしていくのであれば、生活の内容自体を正していくことは男性型脱毛症の症状の悪化を防ぐ役に立ちます。

栄養面でいうと髪に良いものは良質なたんぱく質とミネラル、代謝を高めるビタミン、微量ながら亜鉛も大切です。

こういった栄養素を食生活に取り入れれば、すこやかな髪の成長や頭皮の状態の改善の助けになるばかりでなく、体全体の健康にも良い影響を与えます。

といっても、いきなりそういった栄養素を大量にとればより一層の効果が出てくるという意味合いのものではないので、どちらかというと継続的に摂取することが大事なのです。

国の公的な医療保険が適用される薬としてAGAの治療薬は扱われていません。

ということは、どの科にかかろうとAGAは保険適用外の治療という扱いで、10割を患者が負担することになります。

かかる費用は治療の内容次第でだいぶ幅があるものの、比較的負担が楽なのは後発医薬品の内服薬を継続的に服用していくことです。

費用面で一番高いのは植毛で、時には100万円を超えることもあるようです。

育毛では土壌にも喩えられる頭皮には毛髪を守るために皮脂腺の数も多いので、洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、正常な代謝ができなくなって抜け毛やフケの大発生につながります。

ただ爽快感を得るのではなく、清潔を念頭において丁寧に洗うことは、地肌と毛髪の元気を取り戻すことに繋がります。

すすぎ残りのない洗髪方法は地肌への負担が減ります。

また、必要に応じてスカルプケアシャンプーを使用すると効果的ですし、毎日の生活の中で地肌と髪をケアしていくというのはAGAの症状改善に役立ち、治療のサポートにもなるはずです。

習慣になっている人には耳の痛い話でしょうが、AGAにはタバコは百害あって一利なしです。

タバコを嗜む人ほど薄毛生成因子であるジヒドロテストステロンという性ホルモンが増加するからです。

それにニコチンの摂取は血行不順を招くので気晴らしの代償は高いものにつくでしょう。

真面目に治療に通ってもこれでは元も子もありませんし、これからAGAの治療をしたいのであれば早々に禁煙するのが吉です。

治療のためにクリニックに通いながら、AGAの症状を改善するためのセルフケアもないわけではありません。

たとえば生活レベルの向上です。

といっても贅沢をするわけではありません。

食生活でいうと髪に重要な栄養素が不足しないように、各種ミネラル、亜鉛、タンパク質等を食事から取るか、あるいはサプリを利用するのも良いでしょう。

それから新陳代謝を促すには血行改善が不可欠ですが、タバコは血管収縮作用があるので禁煙するか量を控え、スカルプマッサージをするなど、できることから取り入れていきましょう。

AGAの治療薬を病院で処方してもらうのではなく、それよりリーズナブルに入手する方法には、自分で海外から個人輸入で買うというやりかたもあります。

病院での診察費用はかかりませんから割安に買うことができます。

ただ、日本語ではありませんからなかなかハードルが高いと躊躇するのでしたら代わりに手続きをしてくれる業者はたくさんありますし、最初はそこに頼むというのも手です。

育毛を意識しながら入浴することで、毎日の入浴は男性型脱毛症(AGA)の進行防止に頼もしい味方となってくれるでしょう。

頭皮や頭髪の健康を維持するために血流の活性化は欠くことの出来ない要素ですから、もしシャワーを利用するとしても、お湯を張った浴槽で芯から体を温めることで、血液の循環はだいぶ改善されます。

また、地肌の血行促進のために半身浴をしながらマッサージブラシなどで頭皮をほぐしてやるのもいいでしょう。

自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、簡単にAGAだと即断してはいけません。

多少の個人差はあるものの、シーズンの変わり目などに髪が多く抜けるのは生物学的に当然な現象です。

特に夏の暑さが落ち着いてくる9月頃になると、抜け毛が増えたと言う相談が増えます。

人種の差もありますが成人男性の場合、気候の変化とは関係なしにだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。

男性型脱毛症(AGA)は思春期を過ぎれば誰でも罹りうる病気です。

何歳以上の薄毛をAGAとして扱う等の確固たる基準はないものの、中高生で薄毛のために来院した患者さんでも人によってはAGAの疑いが濃厚なこともあります。

ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、不安を感じたら専門のクリニックで診てもらうことをお薦めします。

それと、有名なAGA治療薬にフィナステリドがありますが、抗男性ホルモン薬であり未成年への使用は禁忌とされていることから、未成年のうちは処方もしてもらえませんし、個人輸入もおすすめしません。

強い緊張や身体的な負荷が原因で抜け毛が急に増えることがあります。

頭の一部分だけに丸い抜け毛が発生する円形脱毛症もストレス性のものであることが少なくありません。

それから頭頂部や生え際が薄くなるAGAの発症も心身のストレスが要因として挙げられます。

動物と同じように人間の場合も、強い刺激や緊張状態が続くと体内のホルモンの分泌に変化が現れます。

AGAは男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症ですから、ストレスが発症の要因になることは容易に推測がつきます。