カテゴリー
記事

正攻法のダイエットで痩せた体験談

私のダイエット体験談を書かせて頂きます。

ある日仕事用の制服が破れてしまい非常に困った事になってしまい、その時ダイエットをしようと決心しました。

色んなダイエットがある中で私は正攻法で行く事にしました。

まずは筋トレをし、筋肉をつけ代謝を上げるとともに基本食事は多めの野菜、たんぱく質を中心としたメニューに切り替えました。

合わせて昼食をしっかり食べ、夜は軽めにすます事と必ず18時までに取る事を心がけました。

頭でわかっていてもやはり朝はあまり食べれませんのでこのパターンにしました。

炭水化物は昼食の際に少量、栄養バランスも考えできるだけ数多くの副食を少しずつとりました。

すると今まではお腹いっぱいになるまで毎回食事をとっていたので、最初の2週間ですぐに効果がでました。

その頃から筋トレの量を増やすとともにウォーキングも始めました、といっても朝の通勤のみですが・・・。

しかしこれが効果的だったようで結局2か月で13kg減り、55kgとなりました。

筋トレの効果もあり、締った体系になりました。

よく巷でこれを飲めばとかこれだけ食べるとかのダイエットがありますが、
やはり「運動」と無理をしない程度の「食事制限」、これがダイエットの基本だと思います。

今では私も朝食をコンブチャに置き換えて体型の維持をしています。

コンブチャは最近日本でも販売されて話題になりましたが、あのミランダカーも飲んでいます。

 

しょうが紅茶で肥満と持病のぜんそくが改善

私は幼少時からぜんそくの持病があって、病院に通っていました。

主治医には「たんを出しやすくするために、水をたくさん飲むように」と言われていたので、寒い日でも我慢して毎日水やお茶を飲んでいました。

ぜんそくは持病なので仕方ないなと諦めていたのですが、そんな時に知人からあるクリニックを紹介してもらいました。

そのクリニックの先生には、「あなたのぜんそくと肥満は漢方で言う水毒で、原因は水から来ているのですよ」と教えてもらい、
水分が欲しくなったら黒砂糖入りのしょうが紅茶を飲むように勧められました。

食べ物についても、色の濃い陽性食品をよくかんで少なめに。

入浴は今までシャワーですませていたのですが、湯船にゆっくり入るようにと。

しょうが紅茶を飲み始めると、利尿作用があるのかお手洗いに行く回数が増え、3日目からは発汗量が驚くほど多くなりました。

そして一週間たった頃にはお通じもよくなりました。

体温が少しずつ上がってきたのと同時に体重も少しずつ減少。

ぜんそく特有の苦しさも改善されてきました。

そのことを先生に伝えたら、「しょうが紅茶を飲んだことで発汗、利尿作用が促進されたので、水の滞りが改善されたんですよ」と。

長年悩んでいたぜんそくが改善され、体重も減ってきたので、これからもしょうが紅茶を飲み続けようと思っています。

ちなみに最近KOMBUCHA(コンブチャ)が流行っているそうですね。

インスタを見ているとよく見かけるようになりました。

これは随分昔に日本でも流行った紅茶きのこが正体なんですよね。

なぜ今になって再熱したのかはよく分かりませんが。

>>>KOMBUCHA(コンブチャ)

 

基礎となるカラダをシェイプアップ

あたしは全身美容を考えて、基礎となるカラダをシェイプアップしています。

そのやり方は、早朝に「ラジオ体操&ウォーキング」を実施するのです。

「ラジオ体操?いやいや・・・。

」と思う人もいるかも分かりませんが、この体操はキレイなフォームで行うと、最初の頃なんか筋肉痛になるくらいです。

そのラジオ体操を準備運動とし、汗ばんできたらそのまま、フィットネスウォーキングを開始します。

「ウォーキング」も普段の歩き方ではなく、しっかり意識をしてやります。

私が決めている事は、「うでは後ろに引きながらしっかりふる事」、「骨盤を動かす事を意識して歩く事」、「呼吸の乱れに気をつけること」呼吸のリズムが狂い始めたら、「歩き続けながら深く呼吸すること」なんかを心掛けています。

そうする事によって、痩せやすくなり、血行促進にもなり、お肌にはメリットだらけなので、わたしは美しくなるためにベースとなる「カラダ」を整えることは外せない美容術だと思っています。

あたしは、疲れていたり心配事があったりするとソッコーでお肌に出てきてしまいます。

にきびや吹き出ものなどもよくできて、いい加減困り果てていました。

何より、眠る時間はたった4時間で仕事に打ち込んでいたので、疲れもピークを達していたでしょう。

数ヶ月前、結婚をしたので会社を辞めることにしました。

やさしくて気の利く夫は、「ようやく会社から解放されたんだから、沢山睡眠をとって、今までの疲れを取った方がイイよ」と言ってくれました。

お言葉にあまえて、一日10時間以上、寝るようにしていました。

いわば、冬眠している熊のようだと自分で思ってしまいました。

また、野菜をたっぷり使った食事を、満腹になるまで食べて寝るという毎日を過ごしていました。

こうしていたら、なぜか体重が徐々に落ちてきて、さらに、白ニキビや吹き出物もできなくなってきました。

それはそれは、本当にびっくりしました。

あり得ないくらいやさしい美容法が見つかったのですが、どれだけ高い化粧品を使うよりも私にとっては何より効き目がありました。

そんなわけで、眠くなったら無理しないで眠る、腹が空いたら野菜をふんだんに使った食事をたらふく食べることを意識するようにしています。

 

今流行のプチ肌断食に挑戦中!

美容のためにしている事、、、気をつけている事、、、それは、プチ肌断食です。

今巷で密かなブームですね。

現在は服でも物でもなんでもあり過ぎで、与え過ぎの時代なんだとか、確かにね、、、肌も色々と与えすぎている様な気がします。

化粧の一連の手順をみていると、クレンジング、洗顔、パック、化粧水、美容液、乳液、クリームとこれでもか?というくらいつけないと、いけなくなってきていますしね。

いつだったか某テレビ局の「ためして○てん」なる番組で化粧をまったくしない八十代のおばあちゃんと、美容化粧マニアの四十代の女性の肌対決をしていましたが、八十代のおばあちゃんの方が勝っていました。

美容化粧マニアの四十代の女性はかなりショックだったみたいです。

その番組では、肌に外部からの刺激を与えすぎると肌トラブルの元であるという内容でした。

そんな訳で、私はプチ肌断食をしています。

やり方は至って簡単!!朝は、外出したりするので日焼け止めをつけたり、メイクをしたりしたいので、普通に化粧水と乳液とファンデーションとつけています。

(ただし、石けんのみで落ちる様に、ミネラル系の化粧品です)それで、夜は、石けん洗顔をした後は何もつけずに寝ます。

つまり、夜だけ肌断食なのです。

うーん、効果のほど?よく分からないけど、つけてもつけなくても同じ気がします。

化粧品代の節約??それに、暑い時期はどっちみち汗で取れますしね。

ただし、エアコンはつけないで寝ます。(これ大事)