カテゴリー
記事

日焼け止めで老化現象を防ぐ

なにはなくとも、日焼け対策を徹底するように気をつけています。

朝は日焼け止めを塗らないうちはカーテンを開けることはしません。

必ず日焼け止めをきちんと肌に塗ってから、朝日を浴びることにしています。

窓越しとはいえ、ガラスを通って入ってくる紫外線にも注意をしています。

外出時には日焼け止めの効果時間を確かめて、帰宅までに紫外線を浴びる時間帯であれば、塗りなおしてから出かけます。

また、ちょっとおしゃれ心のある手袋をはめて、顔以外の日焼けにも気をつけるようにしています。

手の甲がきれいでないと、やはり年齢を感じさせてしまうので、気を抜けない部分でもあります。

紫外線を避けようとするとどうしても肌を見せない服装などになりがちですが、日焼け止めを上手に使って出来る限り紫外線から肌を守るように心がけています。

紫外線がコラーゲン、エラスチンを破壊することを知ってからは、紫外線対策だけは手を抜かないようにしています。

数年後、10年後の肌をシミとシワで悩まないように出来る限りのことは、頑張りたいと考えています。

 

日焼け止めをしっかり塗る

私が美容で気を使っているのはとにかく日焼けです。

基本的に私は日焼け止めを塗らないとベランダにすら出ません。

主婦はそこまで外にいなくても洗濯物を干すためにベランダに出るだけでも紫外線を浴びます。

夏でなくても洗濯物を干すだけの短時間でも以外に紫外線を浴びることがあります。

夏だけ日焼け止めを塗る人もいますが、私は一年中塗っています。

もちろん夏は重ね塗りの回数が多くなります。

冬は夏よりもそこまできつくない日焼け止めを塗りますが、三月に入るとすぐに夏と同じ日焼け止めを使います。

そのため前の年夏の終わりころになると来年の春用の日焼け止めを買い込みます。

手に日焼け止めを塗るときには内側にもしっかりと塗るようにしています。

また指の股の間にもしっかりと塗りこむようにしています。

日焼け止めを塗らなくてもそこまで日に焼けるところではありませんが、そういうところにもしっかりと塗るようにしています。

足の甲などは思ったよりもよく日に焼けます。

最近はバレイシューズのような靴が流行っているので足の甲がたくさん出ています。

足の甲が日に焼けるとシワの原因になるので気をつけています。

 

美のために頑張っていること

美容のために毎日の食事の中に美容に良いと言われているビタミンたっぷりのフルーツや大豆製品を積極的に取りいれるようにし、肉中心の食生活ではなく野菜とお魚を中心の食生活を基本として小腹が空いた時のおやつもお砂糖や乳製品がたっぷりと使われている甘いものではなく、自然の甘みのドライフルーツやナッツ類を食べるようにしています。

忙しくて食事から補えない時にはサプリメントの摂取もしています。

また、どんなに疲れていても1日の終わりにはお肌のケアしっかりとしてお化粧をしたまま寝たりせず、予定がなく自宅にいるときはお肌に何もつけていない素の状態のままでいる時間をつくってあげてお肌に休憩を与えるようにしています。

週末には普段のスキンケアに加えてしっかりと効果を実感することの出来る普段よりちょっとお値段のするシートマスクを使用したり、お肌が乾燥を感じないために保湿はしっかりとして少しでも美に近づけるような心がけをしています。

 

私流美容法?

秋、冬と乾燥が気になる季節になってきました。

私はものともかなりの乾燥肌なのでお風呂上りのケアは欠かせません。

保湿力の強力な化粧水、乳液はもちろんのこと、ひじやかかとのカサカサもかなり気になっているのでボディークリームをたっぷりとつけています。

そして、寝る前にお布団の中に入ってから、尿素成分の高い薬用のクリームを再度、かかとと指先にぬりまくってから寝ています。

そんな、保湿に力を入れまくっている私ですが、化粧はほとんどしません。

ファンデーションをさっとかなりかるくぬって、色つきリップクリームを口紅代わりにつける程度です。

ほとんど、顔色が悪く見えない程度に化粧している感じです。

そのため、化粧を落とすこともほぼ普通の石鹸で軽く洗い流す程度で、あまりこだわったメーク落としとか洗顔フォームとかは使っていません。

よくスーパーマーケットとかで安く売っているのをちょっとだけつけて、さささっと洗い流すくらい。

それは朝も同じで、朝は石鹸使ってません。

ただ水で流すだけ。

でも、周りの人からは結構お肌ほめられますよ!

専門的にいいのかどうかは不明ですが・・・。