カテゴリー
記事

出産後はエストロゲンが少なくなるから肌が乾燥しやすくなる場合が多い

出産は人生で数えるほどしか体験しないことですが、その際の肌の悩みについては充分書かれていないようです。

ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大きく、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が起こるのは、ごく自然なことです。

肌のすこやかさを保つエストロゲンというホルモンが少なくなるので、肌は乾燥に傾く場合がほとんどです。

夏場は湿度のせいで気づかず、秋になって悪化するので注意が必要です。

肌が過敏になるので、いままで大丈夫だった化粧水が合わなくなることもあります。

低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、たっぷりと肌を保湿していきましょう。

授乳期のママは子供のことで手一杯かもしれませんが、安心して頬ずりできるようなスキンケアアイテムを選びたいですね。

私たちがよく口にするコーヒー、紅茶、緑茶などに含有されるカフェインは、シミの一因になるとも言われています。

広範囲にシミを広げたりすることもある上に、長年に渡ってカフェインを摂りすぎると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。

また、緑茶に含まれることで知られるタンニンもお肌のシミを悪化させやすい成分なので、シミで困っている方は飲み過ぎないようご注意ください。

ここ2年から3年、急に肌のシワが気になるようになってきました。

笑いシワならいいじゃないと言われますが、笑ったときの目尻と口元のシワが悩みの種なんです。

「皺は年輪」の年齢にはほど遠いのに。

肌のお手入れひとつとっても、夜遅く帰宅しても、ちゃんとしているので、こういうことになるとは思いませんでした。

乾燥肌なので、目周りは専用アイテムを色々試してみて、潤いを長時間キープできる保湿を欠かしたことはないですが、エイジングケアに切り替える年齢に差し掛かったのかもしれません。

肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。

腕の内側と手の甲を比べてみると差は歴然でしょう。

きめ細かい肌というのは、溝と丘のバランスが良いうえ模様自体が細かいです。

逆に表皮が荒れて薄くなってくると、模様が大きくなります。

あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになります。

皮膚の防御役である表皮の機能が低下すると、肌の基底部以深もかなり傷んできます。

水分が失われると表皮が薄くなり、しわが出てくるのは時間の問題です。

もしそうなってしまったら、気づいたときにすぐケアするべきでしょう。

肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、季節の変わり目には気をつけなければいけません。

特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂の分泌量が少ないためシワやシミが出やすく、アレルギーやアトピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。

一度こういった状態になってしまうと、あとからリカバリするのは難しいため、早めのお手入れをおすすめします。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイルトリートメントをぜひ試してみてください。

肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるのでベタつきや使用感を考慮して、ピッタリのものを選ぶのがコツです。

鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、表皮が薄くなってピカピカに突っ張っているのがわかるはずです。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、必要なケアを怠っていると、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで影響が出てきます。

表皮と真皮の機能が破綻すると、肌を下から支える土台が脆弱になり、張りが失われてたるみやシワができ、肌年齢が進行してしまいます。

たるみが大きいと皺も深くなるので早めのお手入れが大事です。

濃いシミが肌にあって目立つので取り除きたい。

そんな時に効果があるのは、皮膚科などで施術を行ってもらうレーザー治療やピーリングが挙げられます。

これらの治療のいい点は治療した直後に効き目が表れ、時間をかけずにシミをなくすことが可能なことですね。

自分でシミを消したい場合は、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにあるシミ対策に有効な治療薬を使用するか、できてしまったシミに効果的な美白成分ハイドロキノンが配合された化粧品などを使うことでケアできます。

お肌に関しては、多くの女性が悩みを抱えています。

加齢とともにシミについて困ることが多いでしょう。

できてしまったシミの対策には、ビタミン摂取が非常に重要です。

ビタミンCの効果においては、シミ予防だけでなく既にあるシミを薄くしたりなくすこともできるでしょう。

積極的なビタミン摂取を日々する事でシミや乾燥のない肌を保てるのです。

しわとりテープは顔のしわを隠して若々しい雰囲気にするので、テレビで美容マニアの芸能人が本当に使える美容アイテムとして紹介していました。

使っているときは見事な引き締め効果ですが、あまり長い時間使っていると皮膚に過剰な負荷を強いるため、赤くなったり痒みも覚悟しなくてはならないようです。

強烈な効果があるものはリスクもあると考え、依存しすぎないことが大事かもしれません。

仕事柄、同業の人たちとスキンケアの話をしていて実感することがありました。

肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうがシワが出にくいのです。

若いうちにツルッとしているのは当たり前。

将来のことを考えれば気をつけなくてはいけないでしょう。

私はサロン勤務の姉に勧められて夏に炭酸水洗顔を始めて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、やわらかさを実感したのと同時期に目周りのメイク崩れがなくなり、シワも気にならないようになってきました。

肌ケアって、できるときにしておくべきですね。

初回半額で試せるオールインワンをチェック⇒エスプライムローションを安く買える販売店