カテゴリー
記事

事務所自体に少し異臭がある気がして入った時から…

この間、打ち合わせで取り引き先の仕事場に訪れた時、応対してくれた方から異臭が漂ってきたんです。

気温が高かったのとたぶんその人はさっきまで外回りでもしていたのでしょう、シャツが汗まみれの状態でした。

で、その事務所自体に少し異臭がある気がして入った時から気には掛かっていたのですが、どうにもその方が席を立って歩き出すと、その臭いが拡散されるような気がします。

離れた所にいるのに、彼が動き回ったりするととりわけ臭いが強まります。

簡単に言うと「アンモニア水」のような刺激的なにおいです。

「アンモニア臭」って事は、おしっこ臭という事でしょうか。

確かに、以前し尿処理場が家の結構近くにあって、そこらへんの独特な臭気に似ています。

単純に「加齢臭」ですまされる様なレベルではない気もします。

ニオイの濃度が違いすぎるんです。

おそらく、何か病気を抱えているか、体を壊している、たとえば肝機能が低下してるとか、すでに肝炎であるとか、そういった健康面の問題かも知れませんね。

クライアントなので、他の事務所の方にも言ったりできませんでしたが、わたしだけじゃなく、他の事務所の方も気付いていると思います。

けれどおそらく当の本人は気付いていないんでしょう。

どこの体臭が一番気がかりかというのは人によってさまざまだと思いますが、自分の場合は足のにおいです。

「くつ下を履かない」ということは滅多にないので、どうしても湿気がこもってしまうことがあり、それによって足がいっそう臭ってしまうという事態になるので気をつけています。

洗濯してキレイな状態ならばその時は問題はないのですが、やはり日中などはくつを脱ぐ場面で一瞬戸惑ってしまうことがあるので注意したいところです。

消臭剤など靴に入れるという事をできるだけやっていますが、流石にそれをしただけで臭いを気にしなくてもよくなることはありません。

脇の汗なども注意するようにしているのですが小まめに拭いていますし、下着なども変えるようにしてるから、かろうじてだいじょうぶかな?と自分自身では感じています。

わきが体質だったら状況は変わるのかもしれませんが、わたくしの場合は脇はまだそこまで酷いニオイがすることはありません。

そのため、一番気になる足の消臭対策に気を遣うようにしています。

足の臭い用のデオドラント剤があるか少し調べてみようと思っています。

わたしは、35歳女性ですが、私自身のカラダの臭いに若干問題があると感じています。

それを改善する為に、早朝にいつもエクササイズなどを行って汗を流して代謝機能を高めるようにしています。

それにより汗質もサラサラに変わってくるので、だいぶ臭いづらくなりました。

そうは言っても、「何だか脇臭が気に掛かるな」と自覚できるような時もあるので、こういった時は脇汗パットを使ったりしてニオイが出ないようにしています。

汗のニオイなどは遺伝ということもあるので、夏になると「すごい嫌な季節がまたきてしまった…」と思ったりして警戒心が強まる事があります。

それ故、定期的にオーデコロンを使ったりして汗臭を隠そうとする事もあったりします。

現在は食事の時にパンやお米を少なめにして、野菜類を大量に食すようにしたり、水分不足に気を付けるようにしています。

以前まで汗を掻きたくないので最小限の水分補給しかしていなかったのですが、それだと全然防臭対策にならないということを知ったので、それからはお水などをしっかりと飲むようにしています。

新陳代謝を活発にしてベトついた汗をかかないように日々気を付けていきたいです。

気温が上がって、暑い季節になると、心配になってくるのは体臭問題ではないかと思います。

特にカラダの臭いは自分で気づいてなんとかできたらいいのですが、周りの人しか気づいてないと教えてもらうのは難しいと思います。

ニオイの悩み事を解決する手段として腸内の環境をよくする事が効果的だそうです。

便通の悪い人はとくに試してみると良いのではないでしょうか。

どうしてかと言うと、腸の中で便が詰まっていると、その便から毒素などが腸壁から吸い取るそうなのです。

その毒素などが毛穴から出ていこうとするので、体臭となり表れてしまうんです。

食生活を改善するのが一番早い方法です。

腸の働きを良くする方法と言えば、最初に思い浮かぶのはヨーグルトだと思います。

けれども、同じものを半月ほど食べて効果がないなら、別の商品に変えるといいみたいです。

ビフィズス菌との相性がマッチすれば良いけど、効果が出ないという事は、自分には合わないということなんです。

あとは発酵食品を摂るなどして、自分が出来る事をしてみると良いのではないでしょうか。