カテゴリー
記事

きっとカルピスを飲み続けたから丈夫な体になれた

乳酸菌と言って思い出すのはカルピスですよね。

子供時代から、毎日飲用していました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。

毎朝私に、母親が出してくれました。

そのために、私は便秘を経験したことがありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたので丈夫な体になりました。

乳児がインフルエンザになったら、きわめて大変なことに達します。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。

ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを連れださない方が正解かもしれません。

この前、インフルエンザになってクリニックに行きました。

潜伏期間はどのくらいなのか明確ではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染してしまったのかなと思っています。

高熱が3日間も続いて大変苦しい思いをしました。

インフルエンザは高い熱が出続けるので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃近くまで上がって健康を害したので、次の日に病院に行きました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよとおっしゃいました。

もし、インフルエンザに感染していたら、それにあったお薬を選んでもらえるので、確認したいと希望しました。

アトピーを改善させるには食べるものも重要です。

効果的な食事を意識することで良い状態の肌へと生まれ変わることが可能となります。

消化器系の内臓器官を整えて免疫力に影響がある成分としてヨーグルトと大豆食品などを毎日一定量摂取すると良くなることに効果があります。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認してうたれています。

注射が終了した後は怖かったーと表現していました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も言うことができませんでした。

元々、母はひどいアトピー持ちです。

どうやら遺伝していたようで、私もアトピー症状が出始めました。

皮膚がボロボロになって、毎日の保湿ケアが欠かせません。

スキンケアをきちんとしないと、外にいくのも難しいのです。

別に母を責めるつもりはないのですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、悲しい気持ちになります。

アトピーにとても効く化粧水を使い続けています。

友達からすすめられた化粧水は、ひどかった私のアトピーを想像以上にきれいに治癒してくれたのです。

毎日鏡を覗くのが、嬉しくなりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことを実感しています。

お通じが悪くなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が発生します。

いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口の臭いは腸から胃を通って不要なものを排出しようとし、口臭の原因になるのです。

この場合、便がでるようになると、口臭もあわせて改善されると言われています。

内臓の調子をしっかり整えておくと美肌になると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実を言うと、ヨーグルト同様に納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食品のようです。

「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。

恥ずかしい思いです。

定期縛りなしのオリゴノールサプリ⇒ツカレナイン 解約