カテゴリー
記事

「老いには負けない」という気持ちを持つように

綺麗な自分でいたい!って思うのは何歳になったっておなじです。

年齢を重ねて綺麗をキープする事に見切りをつけた時から徐々に老けだすと思っているので、年齢が上がること自体に恐怖はありません。

気持ちの老いが怖いのです。

私自身は良い歳なのですけど「老いには負けない」という気持ちは日頃から持っています。

だからなのか「すごく若いよね」と周囲の人に言われる事が多いです。

そう見られて喜ばない訳はありません。

「年齢不詳」とか「年齢を感じない」という言葉を聞くと何となくウキウキ!そんなルンルン気分が私に若返る力をくれるのです。

運動については一日おき位で取り組んでいます。

室内スポーツ限定で外でのスポーツは絶対にやりません。

屋外スポーツをするのならそれは美容に関心が無くなった時。

紫外線を浴びたくないし虫刺されも肌を汚す原因です。

インドアスポーツで運動しているので食事もおいしく頂けます。

三度の食事を味わうことも美容のためになるのです。

容姿の美容もさることながら「内面磨き」をする事に努めています。

美容効果がある事は全部手を出したくなるけど、そうしたところでどうにもならないと思います。

だからというわけでもないですが、先ずは内的美を養おうと努力しています。

心掛ける事はいっぱいありますが最近は笑顔で人と接するようにしています。

実は人嫌いで人といるのが面倒臭いと思う方なんです。

ですが人間を避けてばかりもいられないため思いやりが持てるよう気をつけて生活しています。

こっちから声を掛けるなんて事もどうにかこうにかなれてきました。

前は人の目を見ることさえできなかったけれど、現在はちゃんと相手の目を見ながらにこやかな表情で挨拶が交わせるようになりました。

これを続けているだけでも大進歩なんです。

自分の意識改革をしたおかげで見た目も変化してきたと友人からビックリされる事もあるくらいです。

意識改革って「美」につながるんですね。

夜遅くにご飯を食べている方もいると思いますが、自分は夜中にご飯は食べません。

これは美容の事を考えているからです。

痩せたいからではなく全体的に美容を考えて夜遅い時間には食事をしていません。

というより、夜遅い時間に起きている事はわたし自身の場合ほとんどありません。

早く寝ているということではないですが、美容を考えたら0時前には寝室へ行った方がいいと思って以前からやっています。

もう習慣なのでなにもなければ深夜まで起きているなんてことはないです。

私が言う深夜というのは夜の1時くらいから3時くらいの時間です。

この時間帯まで起きていた場合、健康にも悪いですし大変お腹も空いてきます。

だいぶ前に夜遅くまで起きていたらお腹がペコペコになりました。

お腹が空いて眠る事が出来ず軽く食事をしましたが、次の日の朝顔がむくんで散々でした。

なので深夜に食事をする事とか夜遅い時間まで起きているという事は美容に悪いと思いました。

毎日、家で自炊して、適度に運動をし、夜遅くまで起きている事無くあさは早起きをするという食生活をするようにしていますが、夏休みになるとどうしても子供達と共に、外食をしたり泊りで出かける事が増えてしまいます。

そうした食生活が続いてしまった場合、腸の中が変わってきて、御通じも悪くなったりして、毎日行っている健康的な食生活が出来ていない、と強く思います。

外食だったら、メニューを考えなくても良いですし、買い物に行く必要もない、片付けもしなくていいなど、何もしなくてもご飯が食べられるのはうれしいですね。

それでも、そんなご飯ばかりになると自分の料理の方がおいしいと感じます。

献立を考える事だったり、作ったりすることも好きなんですよね。

まだ若かった頃は、外食ばっかりでも何も感じたことはありませんが、やはり年をとると、外食した時の油分・塩分などが気になるのです。

近頃は、自分のからだは自分自身で守らなくてはいけないと思い、塩分を気をつけて、野菜中心の食事、規則正しい生活を目指した食生活を送るれるように気をつけています。