カテゴリー
記事

事務所自体に少し異臭がある気がして入った時から…

この間、打ち合わせで取り引き先の仕事場に訪れた時、応対してくれた方から異臭が漂ってきたんです。

気温が高かったのとたぶんその人はさっきまで外回りでもしていたのでしょう、シャツが汗まみれの状態でした。

で、その事務所自体に少し異臭がある気がして入った時から気には掛かっていたのですが、どうにもその方が席を立って歩き出すと、その臭いが拡散されるような気がします。

離れた所にいるのに、彼が動き回ったりするととりわけ臭いが強まります。

簡単に言うと「アンモニア水」のような刺激的なにおいです。

「アンモニア臭」って事は、おしっこ臭という事でしょうか。

確かに、以前し尿処理場が家の結構近くにあって、そこらへんの独特な臭気に似ています。

単純に「加齢臭」ですまされる様なレベルではない気もします。

ニオイの濃度が違いすぎるんです。

おそらく、何か病気を抱えているか、体を壊している、たとえば肝機能が低下してるとか、すでに肝炎であるとか、そういった健康面の問題かも知れませんね。

クライアントなので、他の事務所の方にも言ったりできませんでしたが、わたしだけじゃなく、他の事務所の方も気付いていると思います。

けれどおそらく当の本人は気付いていないんでしょう。

どこの体臭が一番気がかりかというのは人によってさまざまだと思いますが、自分の場合は足のにおいです。

「くつ下を履かない」ということは滅多にないので、どうしても湿気がこもってしまうことがあり、それによって足がいっそう臭ってしまうという事態になるので気をつけています。

洗濯してキレイな状態ならばその時は問題はないのですが、やはり日中などはくつを脱ぐ場面で一瞬戸惑ってしまうことがあるので注意したいところです。

消臭剤など靴に入れるという事をできるだけやっていますが、流石にそれをしただけで臭いを気にしなくてもよくなることはありません。

脇の汗なども注意するようにしているのですが小まめに拭いていますし、下着なども変えるようにしてるから、かろうじてだいじょうぶかな?と自分自身では感じています。

わきが体質だったら状況は変わるのかもしれませんが、わたくしの場合は脇はまだそこまで酷いニオイがすることはありません。

そのため、一番気になる足の消臭対策に気を遣うようにしています。

足の臭い用のデオドラント剤があるか少し調べてみようと思っています。

わたしは、35歳女性ですが、私自身のカラダの臭いに若干問題があると感じています。

それを改善する為に、早朝にいつもエクササイズなどを行って汗を流して代謝機能を高めるようにしています。

それにより汗質もサラサラに変わってくるので、だいぶ臭いづらくなりました。

そうは言っても、「何だか脇臭が気に掛かるな」と自覚できるような時もあるので、こういった時は脇汗パットを使ったりしてニオイが出ないようにしています。

汗のニオイなどは遺伝ということもあるので、夏になると「すごい嫌な季節がまたきてしまった…」と思ったりして警戒心が強まる事があります。

それ故、定期的にオーデコロンを使ったりして汗臭を隠そうとする事もあったりします。

現在は食事の時にパンやお米を少なめにして、野菜類を大量に食すようにしたり、水分不足に気を付けるようにしています。

以前まで汗を掻きたくないので最小限の水分補給しかしていなかったのですが、それだと全然防臭対策にならないということを知ったので、それからはお水などをしっかりと飲むようにしています。

新陳代謝を活発にしてベトついた汗をかかないように日々気を付けていきたいです。

気温が上がって、暑い季節になると、心配になってくるのは体臭問題ではないかと思います。

特にカラダの臭いは自分で気づいてなんとかできたらいいのですが、周りの人しか気づいてないと教えてもらうのは難しいと思います。

ニオイの悩み事を解決する手段として腸内の環境をよくする事が効果的だそうです。

便通の悪い人はとくに試してみると良いのではないでしょうか。

どうしてかと言うと、腸の中で便が詰まっていると、その便から毒素などが腸壁から吸い取るそうなのです。

その毒素などが毛穴から出ていこうとするので、体臭となり表れてしまうんです。

食生活を改善するのが一番早い方法です。

腸の働きを良くする方法と言えば、最初に思い浮かぶのはヨーグルトだと思います。

けれども、同じものを半月ほど食べて効果がないなら、別の商品に変えるといいみたいです。

ビフィズス菌との相性がマッチすれば良いけど、効果が出ないという事は、自分には合わないということなんです。

あとは発酵食品を摂るなどして、自分が出来る事をしてみると良いのではないでしょうか。

カテゴリー
記事

周囲に自分の汗臭をまき散らしているんじゃないかと心配

この世界には爽快そうなイメージの運動してかいた汗もあるのですけど、夏にかく汗って嫌ですよね。

考えてみたら、暑い夏が近づくとコマーシャルなんかで制汗剤の新発売が紹介されるのも、自分みたいに汗対策に悩んでいる方が多いからかと思いますが、いろんな種類やにおいが存在するため、結局悩んで選べず、手軽に拭く事ができる使い捨てタイプにたどり着きます。

元より、それだけで夏場をやり過ごす事は出来ません。

ネットで凄く可愛いパッケージの物を見つけたので、輸入物の直接塗るタイプのデオドラントを買ってみたことがあります。

かおりがきつくて、あたしは馴染むことが出来なかったのです。

やっぱり嫌なのは、自分自身でにおうよりも「周囲に自分の汗臭をまき散らしているんじゃないか」とか「実は臭いと思っているかも」なんて思うのです。

暑さもバテるので、出来るのであればお出かけしなくてもよい時は家にいたいと思うのです。

涼しい室内で寝っ転がっていたいのです。

頭からも汗をかくので、メントール配合のシャンプーを使っているのですが、これも鬱陶しい汗です。

頭皮から出る汗は大量です。

もうちょっと経つと、発汗する季節になるので、厄介です。

もともとぽっちゃり気味な私は、暑くても寒くても、たくさん汗をかきます。

心を入れ替えて痩せる決意!これなら発汗量減らせれる!と自分を元気づけていたのですが、そんな性質なのでしょうか、誰よりも汗をかいてしまうのは変化なし。

ちょっと動いただけで、顔や体から汗が出てきて、寒い時も暖房が効きすぎた室内ではジンワリしてくる。

好きでよく行く音楽フェスティバルでは、好きなグループのグッズを購入するという訳ではなくTシャツを購入する必要に迫られます。

それから何かを発表する時とか、ちょっとした緊張を強いられる場面でも、脇汗でシャツに汗のシミが出来るのです。

仕事場に予備のシャツを何枚も持っていくのも厄介なので、汗脇シートで汗ケアしています。

これだけ自覚できるほど汗をかくと、それに伴って汗臭くないかも心配になってきます。

無意識のうちに、スメルハラスメントを起こしていないかと、心配してしまいます。

デオドラントシートに制汗剤、わき汗用シートに替えのTシャツ、それから汗ジミを隠すための薄手の上着まで持ち歩く、汗を対処する為の手荷物は重量的になり、さらに汗かきを助長している気がしているのですがやってしまいます。

汗をかく季節が来る度、効果的な方法を探して、ネットで検索しながら、「代謝が激しいのはカラダには良い事」と自分自身を励ましています。

わたしの悩みの種はすこしストレスを感じただけで汗が出てきていしまう事です。

普段あまり行くことが少ない洋品店や人前で発表をする時とかに、汗がでることがあります。

季節を問わず汗が出てくるので知り合いとブティックへ行ったときに汗が出てくると、「体調良くないの?」とみんなに心配させてしまうのです。

しかも、アパレルショップで洋服を試着する際もそれが気がかりになりちゃんと試着しないで購入するので、良いお買い物ができないのです。

自分は内気な性格な為、初めての会った人と会話する場合汗をかくのです。

そのために、お店の人に気遣われたり面倒臭がられたりしてしまうのです。

そういったこともあって、極力初対面の人とかには近寄らないようにしています。

そして、汗をよくかいてしまう事で臭わないか気にしています。

コロンなどをつけると反対に汗臭と混ざってしまって悪臭になってしまうのではないかという事も気になる為、パヒュームや制汗スプレーなどにおいのある物はできるだけ使っていません。

汗が臭うのってとても気になってしまいます。

特にこの頃は地球温暖化の影響もあり暑い暑い。

いっぱい発汗してしまいます。

近頃汗臭に悩んでいる私ですが、若い時はそんなに汗の臭いに悩まされることはありませんでした。

高校時代は部活は運動部でしたが、友達も汗は普通にかいていたので気にする事も無かったので悩みとまではいきませんでしたね。

でも年を追うごとに汗の匂いがだんだんと増してきました。

以前とは違う感じのにおいがします。

汗の匂いケアは全部試したのです。

スプレータイプのデオドラント剤とかロールオン、クリームタイプなど。

バックにはデオドラントシートをいつも入れていて、発汗時とか休憩の時に手早く背中や胸、首回りやわきなど心配になる箇所を拭いています。

けれど服に付いた汗の匂いはどうにもできなくって、悩みになっています。

職場に替えを用意する事は出来ますが、その都度着替える事なんで出来ません。

長時間汗のにおいを阻止できる商品があるといいと思いますが、私に合うような物が見つからないです。

【関連サイト】デトランスαのお試し通販!キャンペーン価格で申し込むならこちら
【URL】https://www.aoaluray.com/

カテゴリー
記事

体臭ケアに関しては自分に効き目があるものを試していくしかない

「体の臭い」・・・出すのも嗅ぐのもイヤなものです。

わたしもわたし自身の脇や頭皮の匂いに気をつけた方がいいなと思う事があります。

そんな時、問題なのはその解決方法です。

「頭皮のニオイ」は頭皮の脂が関係しているのでシャンプーで髪を洗うというよりは髪の毛の根元をほどほどの力で擦ってケアするようにしています。

でも、脇下のニオイはどうケアすれば一番いいんでしょうか?

デオドラントスプレー、汗ふきシートと様々なものがありますが、自分的には最も効いているのはデオドラントクリームなんですよね。

自分はネット通販で取り寄せていますが、一番これは防臭効果がある感じがしています。

しかし、やはり体質的に向き不向きがあるので矢張り体臭ケアに関しては自分に効き目があるものを試していくしかないような気もします。

こう言ってはなんですが、ワタシはわたし自身の「体臭」に関しては匂いで感じています。

でも、世の中には体臭に関して自分自身で認識していない人も少なくないようです。

私はよくパチンコ店に訪れるのですが、そばに座った人がひどいニオイで辛いときもあります。

やはりあたりを見回してみると私と同様の思いの方もいてタオルなどで防御しますが、気休め程度にしかなりません。

気づかせるというのも難しいですが、後から来た人にひどく悩まされるのは本当に割に合わなく感じます。

そんな訳で個々の防臭対策や心配りが欠かせないと感じています。

「腋臭症は遺伝する」と聞きました。

それから、自分の父親は軽いものだったのですが、ワキガがありました。

一年中、毎日制汗アイテムを使っていたのを覚えています。

父の場合はケアすれば気付かないくらいでした。

その体質を受け継いでしまったようで、私もケアを怠ると少しだけ腋臭のニオイがすることがあります。

四六時中、いつもという事はないみたいです。

汗が出にくい性質なので、滅多に汗をかくことは無いのですが、暑い日は気をつけないと駄目です。

父親並みに、常に、デオドラントスプレーでお手入れしています。

ですが、ケアするのを忘れた日に限って汗をかいてしまいます。

その場合は外出先でデオドラント剤を購入しつけるようにしています。

自身の体臭という物は、本人には分からないものなのです。

しっかりケアをして、周りの人を不快にさせないように注意しなくてはなりません。

気になっている腋臭ケア、きちんと行いたいと思っています。

20歳代の時には体臭なんて全然気にならなかったのですが、30歳代に入っておかしいなと思い始めました。

きっかけとなったのは、長期出張や旅行で家を空けていて帰った時に自分の部屋がオヤジくさかったときです。

どこが臭いの元だろうと、鼻を近づけて匂ったところ、まくらと毛布からそのオジサン臭が臭ってきました。

それで洗濯を二度もしたのですが、においは残ったままで、かすかにオヤジ臭さがしている状態です。

その頃から自分の体臭が気になるようになり、時たま指の腹で頭皮をこすってみると、信じられないくらい指先がテカテカと光っていました。

ちょっとニオイをかいでみたら、シャンプーしてない脂の臭いがして、加齢臭がしていることに気がつきました。

数日後の頭皮じゃないのです。

その日の夕方には頭は臭くなっているのが現状でした。

皮脂汚れを落とすシャンプーや頭皮をマッサージしたりしていますが、未だに体臭はなくなりません。

とくに油っこいものを食べた、翌日などは、ニオイが強くなります。

ですから、朝出かける前に髪の毛を洗うようにしていますし、整髪料もベタベタつけないようにしています。

自分で臭いがわかるということはまわりの人はもっと臭いと思うので、自分の体臭には注意が必要です。

24歳になる私の息子は、汗まみれになると、けっこう周りにも分かるくらい臭くなってきます。

今年の春から社会人になって研修期間中は外周りに出たり、歩きまわったりしたことで、汗まみれになって臭いを放出してるんじゃないかと気になっています。

どうにも呑気なところは、鼻が良くないのもあって自分がどれほどニオイを発生させているか気にも留めないという所。

大学時代も友達に、「体臭がするからお手入れした方がいいよ」って言われたことがあるのにもかかわらず、彼はのほほんとしています。

普通友達から「汗が臭うから、何とかしろよーっ」なんて告げられた日には、恥ずかしすぎて対策としてニオイケアグッズなんかを買い揃えたりするものなのに、彼はどうにもこうにも無関心。

あまりに無頓着なので、わたしがアドバイスしたりケアの方法とかも話したりしますが、一向に気にしてくれません。

意識する女性もいないみたいなので「体臭」が出る事を、自分で感じてお手入れを自発的にするようにしないかぎり、一生彼女も出来ないことも考えられるので、悩んでいます。

カテゴリー
記事

手汗というのはパッドで汗を吸収できるようなものじゃない

自分は緊張してしまうと、脇の箇所に過剰に汗をかきます。

いわゆるワキ汗というものに悩まされ続けています。

しかし脇汗なら、お出かけの際には汗取りパッドで対処できている為、よしとしましょう。

でも問題は手汗の方なのです…。

なぜなら手汗というのはパッドで汗を吸収できるようなものじゃないのです。

間に合わせとしての対応策として、タオルでこまめに汗をぬぐったりはしています。

例えばどのような時に手に汗をかいているのかと言いますと、緊張状態に陥った時にはまあ手汗をかいていますよね。

たとえていうと、思いを寄せている人と話したりするときには、肩に力が入って多少の手汗をかいているものなのです。

だけど、私の場合に問題なのが通常アガるようなシチュエーションでなくても、手汗をかいてしまいます。

たとえば、友人たちとお話をしているときや映画などでアクションシーンの時とか「手に汗握る」という言葉がありますけれど、本当に握れるくらいの汗をかいたらイヤですよ。

自分は仕事柄、夏場でも長袖の上着に、ヘルメットをかぶり長ズボン&長靴を履いて仕事をしています。

冷房ガンガンの車内から表に出たら、一気に汗が吹き出します。

顔に汚れがついたり汗もかく為、大体お化粧はしていなくて、顔から出た汗は思いっきり洗って流しています。

けれども、汗でベチョベチョになった下着、靴の中で蒸されたくつした、髪や頭皮も帽子で蒸されているけど簡単に着替えたり洗ったりする事は出来ません。

こまめに長靴を脱いでサンダルを履いてみることで、なるたけ乾燥するようにしていますが、仕事終わりが近くなるとやっぱり汗が臭っていないか不安になります。

外での作業が終わって、事務所に行くと1度乾いた汗がエアコンで冷やされて寒くなってしまうので、Tシャツを替えてデオドラントシートを使います。

できることならカラダを洗って肌着まで変えたいところですがそこまではできないので、汗取りシートでふいています。

仕事仲間や、上司とすれ違ったとき臭いニオイがしているので、まさか私も?と気になってしまうのです。

特に上司の場合は、本人が分かっていないのが不思議なくらいににおっているのです。

汗をかく仕事なんだと受け入れてはいますが、自分だけはスメルハラスメントにならないように、努力しています。

自分は風呂場でシャワーを浴びるとき、癖でなにげにワキの臭いをかいでしまうのですが、その時エンピツの芯みたいなニオイがしてくるのです。

その臭いが何か不思議と気になります。

でもこの鉛筆の芯のような臭いを治そうとは思っていませんが、気になるのです。

同じ気持ちの人がいるかわかりませんが、足の親ゆびの爪の匂いを嗅いだことはありませんか?かいだことがあれば同感してもらえるかもしれませんが、あの臭いはよい香りではないですがただ気になるというより不思議と病みつきになるニオイがしませんか?何度も嗅いでしまう臭いっていうか。

あのニオイと同じで腋の鉛筆臭さがここ最近不思議とクセになっています。

世間一般に言うワキガというものですね。

わきがは重度になると外出することも嫌になるくらい悪臭を生じさせてしまう恐ろしい病気ですが、私はニオイをかいでも吐き気がするような酷い臭いではないので、重いわきがではないと思っています。

けれども、インターネットでワキガのことをチェックしてみたらワキガは本人に自覚が無くてもいつのまにか深刻なワキガに掛かっていることもあるみたいです。

自分はワキガじゃないと思い込んでいても実際には深刻なワキガと診断されたみたいな。

生き物は各々の臭いがあります。

それというのは人以外にも犬やネコでも同じです。

ペットとして飼っている自分のペットの臭いはそんなに気にしませんが、他人の家に行くとその家のペットの体臭が気にかかるという方もいるのです。

アメリカ合衆国で数年生活をしていましたが、あの時には日本にはないような嗅いだことがない臭いで驚いたのです。

所謂アフリカン・アメリカンのニオイなのです。

すごく臭っていましたが、そのニオイを嫌いになるというのとは違っていたのです。

自分たちの皮膚の色と、アフリカ系アメリカ人の皮膚の色を比べた場合、ぱっと見がずいぶん違っています。

汗などの臭いに関しても、邦人の体臭とアフリカ系アメリカ人の体臭を比べてもニオイの感じ方が違うとはっきりわかりました。

アメリカ合衆国にはいろいろな国の人が生活している為、体臭も色々なのです。

慣れると、どうってことなくなりました。

対人距離が関係しているかもしれません。

日本では朝の時間帯の電車など、人と人との距離が狭くなってしまう状態のときがあります。

その他にも、日本は非常に湿気が多いという事が体臭に繋がってしまうのだと思います。

カテゴリー
記事

その空気を吸うのが嫌になるくらい強烈な臭いだった

体臭はほんとに気をつけたいところです。

正直、体の臭いってみんな苦手ですよね。

我が家に友人が上がった際の話ですが、来た人数の3分の2の人から体臭が漂ってきたことがありました。

あれは間違いなく彼らが発している臭いでした。

でも、当人達は認識してないようで、私は嗅覚が優れているせいなのか、室温を低めに設定し直し、部屋の空気も入れ換えるようにして兎にも角にも臭さを減らそうと奮闘した事がありました。

たぶん、ただの中高年の体の臭いだけじゃなく、足元の臭い等もプラスされていたのでニオイが強かったのだと思います。

ともあれ、その空気を吸うのが嫌になるくらい強烈な臭いだったんです。

それ以来、友だちをなかでも多汗な真夏などに家に上げる場合は忘れずにエアフレッシュスプレーなどを部屋中に前もって吹きかけておくようにしています。

でも、この対策にも限界があります。

「体臭」というのは、身体から漂う匂いのことですが、においが強くなるのはやはりシャツや靴下等が汗っぽくなってきた時だと思います。

これを教訓として、わたしも自分自身の汗臭などにはとても注意するようにしています。

人はニオイを鋭く嗅ぎ分けますよね?友達や家族の車に乗った時や電車やバスの車内、色んなところで鼻につく臭いがこれまでにあったのではないかと思います。

そういう自分も臭いのチェックは厳しいです。

他人の臭いに悩まされてしまうことがかなりあります。

特に気になるのはやっぱり男性の臭い、オヤジ臭、汗の臭いですか。

どれも全部体から放ついわゆる体臭というもの。

臭くて堪らない時には吐き気がしてきて、気持ち悪くなっていまうこともあります。

どうすることもできないですよね。

更にその体臭とかは自分にもあるのだからウンザリしてしまいますよ。

本当に。

職場はスーツ着用だったため常にストッキングを履いていましたが、ストッキングで靴を履いた時の足から放つ香りは右に出る者はなし(笑)体臭は自分も関わっているのですよね。

体の様々な所からだれでも漂ってくるものです。

それだから、ちょっとでも臭いを抑えるために色々試してみるのが良いのですよ。

私も足の臭いを抑えるクリームを塗ってみたら臭いが気にならなくなりました。

むかし、女性の友達に「体臭を抑えるのに効く」と教えてもらった食材があります。

「カカオ分が70パーセント以上のチョコレートを食べると効果があるよ」と。

また眠る前などの体臭が出やすくなる前に少し食べればいいとのこと。

体臭はケアグッズで防ぐことに意識を向けがちですが、食材でも変えることが出来るようなので是非やってみましょう。

身体のニオイについては、ここのところ、朝の準備をしているときに必ずといっていいほど、自身のカラダの臭いが感じられます。

なかでも気に掛かるのは、首のところ。

ひょっとすると、あの中高年のニオイかもと思ったので、塗るタイプのフレグランスクリームを使っています。

あたしが近ごろ利用しているのはシトラス系のものです。

とにかく汗を掻きやすいのは、脇下と首です。

この頃は薬局とかで、手軽に使える汗ふきシートも販売しています。

ここのところ、初夏のような気温が4月くらいからすでに表れ始めたので、私は密かにデオドラント系のものを3月の頭くらいからちょこちょこ購入しています。

このくらい当然だと思っています。

この間、宅配便の職員さんが、私が注文していた品物を、持ってきてくれたのですが、それをわたしが貰って、その方が背を向けた時に、シトラス系の匂いがしました。

おそらく34、5歳の男性スタッフの方なんでしょうが、清潔感があって良かったです。

何歳なっても、清潔感を保つ努力をしている男性は本当に好感が持てます。

愛用しているシャンプーも、近々暑い時期用の物にチェンジするつもりです。

身体のニオイでは頭皮臭も怖いですからね。

自分は子供の頃から汗をかきやすく、夏はとくに汗をたくさんかいてしまいます。

自宅で一日過ごしているならよいのですが、出掛け先で汗を掻くと周りの反応が気になってしまいます。

自分でも汗の嫌なニオイがわかるので本当に心配になります。

たとえば、密閉された乗り物の中では、夏は冷房が入れてあるので風通しが良く、周囲にじぶんの体臭をにおわせているようで気持ちが落ち込みます。

もう一つ気になることは、美容室で髪をカットしてもらうときです。

ケープを巻いてもらう時に自分の体臭がしていると、理容師の人に悪い気がするのと同時に、嫌な客だと思われているのではないかと過剰に気をつかってしまいます。

わたしが汗の臭いの中で一番気になる箇所はワキです。

お風呂で丁寧に洗っても翌日の朝には鼻が曲がるような臭いがするのでそのたびに気分が滅入ります。

じぶんは皮膚がもともと弱いことと、あまりデオドラント剤みたいなスキンケアを常用することができない体なので利用していません。

入浴して体を洗うときも、香りがつけられているボディソープは使うことができないので、香料の入っていないものを使っています。

肌への影響がなくてワキなど体の臭いを消してくれるようなデオドラント剤があれば欲しいと思います。

カテゴリー
記事

多くの人の前でプレゼンをする時に汗とニオイで悩まされる

「汗のしみ、大丈夫かな?臭わないかな?」私は、仕事の関係で人前でプレゼンする事があります。

そういうときは、緊張状態になり心臓がバクバクしたりしますが、それに加えて気が気じゃなくなり自信をもってやれないのです。

それは、最初に書いた不安感があるためです。

こんな時には、いつも「あぁ~、心配事さえなければ何も考えず、胸を張ってプレゼンできるのに」と思い落ち込んでしまいます。

不安感を減らすために、わき汗シートを貼ったり、臭い消しのスプレーを使用してみたり、小まめに拭ったりしています。

それから、何時でもタオルを持ち歩くようにしています。

社会人として、多くの人の前でプレゼンをする事があるものとして、汗に頭を悩まされることがたくさんあるのですが、これは何ともしようがありません。

汗をかくことで、体温調整が出来るし、毒素を排出出来るので吹き出物も少なくなります。

汗というのは人間にとって大事なことなのです。

汗のせいで悩みが無くなる事はありませんが、私としてはこれから先も汗と上手く付き合っていこうって思うのです。

わたし自身緊張してしまうと、脇の箇所にたくさん汗をかいてしまいます。

一般的にいう脇汗に悩まされ続けています。

けれどもわき汗だったら、出かける時には汗わきシートで何とか対策出来るので、良いのです。

しかし手汗に困っているのです。

なぜなら手に汗をかいた場合汗取りシートなどで抑えられるようなものじゃありません。

間に合わせとしての対応で、ハンドタオルを用いてちょくちょく汗を拭いたりはしていますが…。

例えばどんなシチュエーションで汗をかくのかと言いますと、緊張しているようなときは手汗はかきますよね。

例えを出すと、意中の人と話をする時とかは、アガってしまい手が湿っぽくなると思います。

だけど、私の汗の悩みとして厄介なのが通常アガるようなシチュエーションでなくても、手汗が出てきてしまうんです。

例えを出すと、友達と仲良く話をしているときとかアクション映画を見ている時など「手に汗を握る」と言いますが、マジで汗を握れる位にかいてしまったら気持ち悪くなると思います。

悩ましい体臭と言ったら自分にとってはワキがやっぱり気になるところです。

やはりワキが一番ニオイが溜まりやすい部分なので、ここは気をつけたいところです。

と言いながらも、なかなか現実問題として昼間働いているときに何とか対策をとろうということは無理があります。

だから、ワキ脱毛をしてみたのですが、これだけでもそこそこ脇のニオイに効果があったような気がします。

脇もツルツルになってニオイもしなくなったので脱毛の施術をして良かったと思っています。

そして、単純なやり方なのですが、汗をかいたら小まめに拭き取るといったことも効果的です。

ワキのにおいですが、汗のにおいというかワキの細菌などにより発生するので、ワキをキレイにしておくという事は大きなメリットがあると感じています。

「食生活を変えれば体質改善ができる」という記事をインターネットで読んだので、やってみようと思って始めたのですが、これは途中で断念しました。

家事や仕事に追いまくられると、そのうち普段と同じようになってしまうのです。

本当は体質を変えられれば何より良いのかもしれませんね。

なかなか難しいですね…。

脇の下からただよう汗の臭い。

悩まされますよね。

そんな方は、まず第一に風呂に入ることです。

シャワーを浴びるだけではなく、湯船にしっかり浸かりましょう。

湯につかって10分もたてば、じっとりと汗ばんでくると思います。

そうして、毎日のように汗をかけば、汗腺が強化され、汗が臭いにくくなります。

と言っても、全く臭わないようにする事は難しいことだと思います。

汗が洋服に染みて、その服のところに雑菌が増え始め、その雑菌が排泄した物が臭い始めるからです。

そういった時に効果的なのが、布用の防臭除菌スプレーです。

前日の夜に、翌日着て行く服のわき一帯に、防臭消臭スプレーをじゅうぶん吹き付け、干しておくだけです。

いつも通りに汗をかいて、そろそろ臭ってくるかな?と思うころになると、スプレーのほのかな香りがして、汗のにおいを防いでくれます。

濃い香りのスプレーですと、人によっては頭痛などの原因になるかもしれませんので、香りが残らないものを選んで下さい。

腋臭や足が臭うというのは幸せなことにありませんが、強いて言うなら多く汗をかくため汗の後の匂いの方が心配です。

特にいろいろ歩き回る場合、汗をかきながら飲食店やデパートなどの冷房が効いているようなところで休憩を取り、一旦汗がおさまった後でもう一度汗をかく。

といったことが何回かあったときにはいちど引いた汗が、もう一度アセをかいてにおうきっかけを作っているような気がして周囲の目を気にしやすくなります。

実際の所は前の日の夕飯に匂いの元になりやすい食べ物(揚げ物や乳製品、ニンニク料理など)やアルコール飲料を飲まなければ、周囲に凄い迷惑をかけるといったことは無いようです。

自分が感じないだけでは?なんて思われてしまいそうですが、実は結構こまめにチェックしています。

沢山汗をかいて汗が乾いてきたら、人の目につかないようなトイレの個室で隠れて服のニオイを確認したり、うなじに汗が出たせいで固まりになっていないかとか。

実行している取り組みやすい予防対策は、汗をかいたら汗を拭く、可能ならばシャワーを浴びるようにしています。

できることならTシャツも替えれればいいと思いますが、替えた後の服が結局匂いの元になりそうなので実施できずにいますが、、、。

暑くなるにつれ匂いが気になる一方なんですが、臭っていないうちから何か対策を考えたいと思っています。

脇の匂いが悩みです。

小っちゃい時からの自分のストレスの元です。

もともとの体質だと思っていますが、自分は「わきが」です。

脱いだシャツからする臭気がキツいなと物心ついたころから思い悩んでいました。

家族に「臭いんだけど」と相談すると、「可哀想だけど腋臭だね」という言葉が返ってきて、うすうす気づいてはいたものの、真正面から言われてとても衝撃的でした。

お小遣いで制汗スプレーなどを購入出来るようになるまでは、全然ニオイ対策ができなくて物凄く苦労しました。

シャワーでキチンと匂いを洗い流していても、少し汗を掻いたり、時間がたって夜になったりすればわきが臭が出てきてしまうのです。

友だちが近くにくると、ワキガ臭がわかってしまっているだろうなぁとビクビクしてしまい、それが恐怖でした。

あれから10年ほど経った今も、ロールオンデオドラントなどをこまめに塗布して、腋臭対策をしていますが、ニオイはどうしても出てきてしまいます。

電車で吊革につかまるときや人と近づくときはどうしても心配になります。

そして、毎日、お風呂に入る時、自分で自分の脇下を触って臭ってみるのですが、かなりのニオイがあって、毎度のこととは言え落ち込みます。

腋臭症と認識しているので、人と触れあう状況などでは相手の人に迷惑が掛かるんじゃないかと考えてしまい、友だちとも一線を引いたお付き合いという感じになってしまいます。

ワキガのままでは、積極的に人と接することが出来ないままかも知れないので、何かもっと良い対策はないかと悩んでいるところです。

女性におすすめのわきがクリームをチェック⇒クリアネオ お試し

カテゴリー
記事

角質除去剤が入った洗顔料で顔は洗わないことにしてる

美容の為に肌を傷つけないように心がけています。

具体例としては角質除去剤が入った洗顔料で顔は洗いません。

やればやったでスッキリしますが、ずっと使っているとガサガサ肌になってくる感じがします。

更にはピリピリしてきます。

顔を洗ったらすぐに化粧水などで整えます。

けれど、「美容」に囚われていちいち気にしていると予想外の結果を招く場合もあります。

美容の大敵の一つに「精神的ストレス」があるからです。

夏の日差しを浴びまいと大っきいメガネ、つば広帽子、黒い日傘、マスクなど毎日全てを身につけようと思うと出かけるのが億劫になってしまいます。

外出準備で心に負荷がかかっていては元も子もありません。

そして、お出掛けするのがイヤになってくると体型にも影響してきます。

美しくあろうと気を付けているのに、体型がそれにともなっていない時、他人の目からは美容とは無縁の人に見えちゃうかも・・・。

それならば、美容術は十分に考えていても柔軟に考えて、無理しすぎない事が一番良いのです。

わたくしは、ストレスや疲労が溜まるとすぐさま肌トラブルを起こしてしまいます。

大人にきびとか吹出物もよく出来る方で、本当に悩みの種でした。

何より、睡眠時間は4時間くらいで働き続けていたので、疲れはピークを超えていたと思います。

半年前、結婚したため専業主婦になりました。

やさしくて気の利く旦那さんは、「もう仕事のことは考えなくてもいいんだから、沢山睡眠をとって、体を回復させたほうがいいよ」といたわってくれました。

その好意に遠慮なく、一日平均10時間、睡眠時間をとるようになりました。

丸で、『眠り姫』みたいだなぁと自分でも感じていたくらいです。

それと、野菜をたっぷり使った食事を、満腹になるまで食べて寝るという毎日を過ごしていました。

そうすると、なぜか少しずつ体重が減ってきて、そして、にきびや吹き出ものも消えたきたのです。

なんとも、夢じゃないかと思いました。

考えられないくらい楽チンな美容方法だったのですが、どれだけ高級な化粧品よりも自分には一番効き目が現れました。

それからというもの、眠くなったら無理をしないで寝る、おなかが空いたら野菜を豊富に使った料理をがっつり食べるということを心掛けています。

スキントラブルは、年齢を重ねるごとにやっぱり増えてきました。

若い時のような肌ケアでは問題は解決しないのです。

滴るぐらいローションをを使用しないとすぐ乾燥してきたり、オイル美容液などをつけないと心細いです。

あと学生時代には悩まされなかった「にきび」が出来るようになりました。

場所的には眉間や顎で、何となく無意識に手がいってしまいます。

そこがいつの間にかちっちゃなシミや窪んでしまっています。

生理時にしみが目立つようになりました。

そのシミは普通の時は気にならないのですが、生理のある時期には普段より気に掛かるのです。

時期が時期なので気分的な問題という可能性もありますが・・・。

年々変わってくる肌質から目を背けていては、よくなるものもよくならないので肌のお手入れ方法を見直していくつもりです。

にきびの跡は出来ることなら治したいです。

この色素沈着が大きくなったりしないだろうかとビクついています。

窪みは大したことないのでたいして心配していません。

近く買う女性誌も変えようかな。

わたしぐらいの世代に向けた美容術が掲載されている女性誌に変えます。

カテゴリー
記事

髪の毛を構成しているのは大部分がタンパク質

赤血球が持つヘモグロビンの原料として欠かせない栄養素が鉄分です。

血液の中の酸素は赤血球が運んでいますから、鉄分が欠乏すると酸素が満足に運ばれず、血液の流れが悪くなってしまいます。

そのため頭皮も具合が悪くなり、薄毛や抜け毛の要因を作ることになるため、育毛と鉄分摂取は強固な相関関係にあります。

鉄分が含まれている食品には、レバーやアサリ、シジミなどがあります。

髪の毛を構成しているのは大部分がタンパク質です。

髪の他にも、人間の身体ではタンパク質から成る部位があちこちにあります。

タンパク質を得ると生命を維持するのに欠かせない場所からまず補給していくことになるので、あってもなくても生死に影響しない髪の毛にも分配されるためには申し分のない量を摂取することが必要です。

育毛中は、タンパク質が豊富な大豆などをせっせと取り入れる事が欠かせません。

頭皮や毛根周辺に刺激を与え、発毛や育毛させようとして、ブラシなどで頭部を叩く方法があると良く耳にしますね。

答えからいうと、この頭皮を叩く方法は頭皮環境にあまり良い影響を与えず、髪の毛が抜けたり薄くなったりする場合もあるのです。

このようなことにならないためには、先端がとがったブラシなどを使わずに、丸くて柔らかい指先などでマッサージするのであれば、ひどいダメージを与えることなく毛根や頭皮の状態をアップさせることが可能になるのです。

普段から行っている頭皮などのケアが、本当は育毛や養毛にとって却って逆効果になるケースがあることを覚えておいてください。

例を挙げると、いち早い結果を求めて使用上の注意に記載されていることを守らずに多く養毛や育毛のための薬などを使ってしまったケースです。

たくさん使えば良いのかというとそうではないですし、薬剤の有効成分によっては使用量を守って頭皮に使わないと頭皮にかぶれなどのトラブルを引き起こす要因になることもあるのです。

よくメントール入りのシャンプーを見かけますが、これに入っているのはペパーミントのことで、育毛の効能があるハーブの一種です。

このペパーミントオイルを使って動物実験を行った結果、育毛効果が期待できることが確認できたのです。

そうは言っても、ペパーミントオイルをそのまま直に頭皮に塗ってしまうのは刺激の方が強すぎて育毛効果どころではなくなりますから、決してやってみようなどと考えないでくださいね。

飲み物としてハーブを摂ろうとするならば、AGA(男性型脱毛症)発症のメカニズムのカギを握る酵素の働きを阻害してくれるハーブだといわれているローズマリーのお茶が一番良いです。

普段からしているブラッシングの方法を正しく実践することは、健やかな髪の毛を生やす土壌を整えることに繋がります。

ブラッシングするときは先が尖ったものを使わずに、静電気が原因となって髪の毛同士が摩擦を引き起こしにくいものをじっくりと見比べて選ぶと良いでしょう。

多少お値段が張りますが、天然素材で作られたブラシを選択すると良いでしょうね。

さらにブラシの先端が丸くなっているものを使用するときにも、できるだけブラシを頭皮に当てないようにすれば毛根や頭皮の状態に負担をかけないようにすることが可能です。

抜け毛の対策に自分で楽に実施できる方法は、日々行っているシャンプーの仕方を見直すことです。

湯船に浸かってじっくりと身体を温めて洗髪するのは頭皮の毛穴が開いてから行って、実際にシャンプーを使う前にお湯洗いを実施してしっかりと皮膚の脂を落とす、いざ洗髪するときには爪を立てたりせずになるべく頭皮を守りながらシャンプーしてあげることなどが挙げられます。

以上は抜け毛を防止するのに役立ち、さらに、治療で育毛していく際にも並行して行うことが重要です。

ノンシリコンシャンプーは髪の毛に優しい印象がありますが、髪の毛に直接影響しているのは実はシリコンそのものではなかったのです。

強い洗浄作用のある成分が入っているシャンプーは強力な洗浄作用故に髪の毛がパサついてしまうので、ゴワつきを緩和するために仕方なくシリコンを使っているのが本当のところです。

育毛のためにはシリコン入りかノンシリコンかの相違ではなしに、配合されている洗浄成分の方に注目してください。

全身に多数広がるツボの中には、発毛とか育毛に効き目を示すツボも見られます。

頭部にあるものが大半で、例としては頭頂部の百会というツボで、血行を促進し抜け毛予防に効果的です。

過剰に強い力でツボを押してしまうと頭皮にとって負荷となってしまいます。

やや痛いけれど気持ちいいというくらいの力で、回数は1箇所につき3回から4回程度がおすすめです。

FDAが認可を出したアメリカを筆頭に、低出力レーザーは諸国が認める育毛効果を持っています。

人間の体の細胞を活発に活動させたり血液循環を良くするのに有効で、育毛とは別の治療においても実績を示しています。

国内のクリニックでも導入が珍しくなくなってきましたし、業務用に比べパワーが落とされている低出力レーザー育毛器も家庭用に買うことができます。

カテゴリー
記事

理容師さんに教わったブラッシングの大切さ

薄毛に嘆く女の人も最近では珍しくはありませんが、やはり、女の人の薄毛には数点の原因が予想されます。

もし、睡眠不足などで生活が不規則になっていたら、髪が正しく生えたり、髪のダメージを整える時間が少なくなり、薄毛になります。

さらに、必要以上の減量したら、髪から栄養が欠乏して薄毛となってしまうでしょう。

理容師さんに教わったのですが、女性が髪を発育させようとする時には、髪をブラシがけすることが大事だそうです。

1日も欠かすことなくしっかりと髪にブラシがけをして、頭皮を奮い起こすのが必要不可欠です。

それに加えて、頭皮に優しいケア用品を選ぶことも重要です。

育毛専用シャンプーというものは、髪の薄くなった中高年男性向けのものだと考えていたんです。

でも、40歳を過ぎておでこが広くなってきたとうすうす勘付いてはいたのですが、美容師さんが使ってみては、と持ってこられたシャンプーに小さい字で「女性用育毛」とあったのにはけっこうショックをうけました。

けれど、さすがに美容師さんオススメなだけあって使い続けていくうちに、少しずつですが、少なくてぺったりしていた前髪がふんわりしてきました。

女性向け育毛剤の種類も増加してきていますが、その中でも、血流を良くする成分が配合されているものが効果的です。

頭皮の血行を改善すれば、髪を育てるための栄養がよく届くようになって、髪の毛がよく育つようになります。

あわせて、育毛剤を利用するときは、頭皮を洗浄する洗剤なども見直してください。

シャンプーなどに使用されている添加物が頭皮に対して強い負担となっている場合もあります。

テレビでも男の人の育毛剤はよく広告してますが、それに比較して、女性の育毛剤のコマーシャルは珍しいため、選び方がいまいちわからない人もなきにしもあらずです。

でも、近頃では女性用育毛剤も多数売られていて、それぞれに特徴がありますので、口コミなどを聞いて、あなたに合うと思う育毛剤を探してみましょう。

女の人の抜け毛が増える原因の1つにストレスが考えられます。

男の人に比べて女の人の髪の毛がボリュームがあって見栄えがするのは、女性ホルモンの効果によるもので、精神面での負担を感じるとホルモンが分泌されづらくなります。

だから、髪の毛の成長に支障をきたし、髪の毛が薄くなってしまいます。

女性に勧めたい育毛剤に、マイナチュレが挙げられます。

マイナチュレは添加物を使用せず、お肌の弱い方でも不安を感じずに日常的な使用が可能です。

7種類の天然植物、3種類の育毛成分が配合してあって、原材料も厳選されています。

メインの三石昆布以外に、育毛に効果のある成分がたくさん入っているため、お試しください。

育毛対策をしたいと思っても多忙のせいでなかなかできないという女の人には、近頃話題の薄毛に有効なサプリメントがすすめられます。

カプサイシンのほか、イソフラボン、ローヤルゼリーなどが取り入れられており、育毛効果の他にも女性にとっては一石二鳥の美容効果も期待大というものもあったりします。

男性用育毛剤というのは、数多く出回っていますが、色々なところで、女の方用の育毛剤を探しましたが、あんまり見かけませんし、そもそも、情報自体があまりないです。

多くの女性の場合、原材料や品質も気にかかるものなので、自然素材、できれば、オーガニック素材の育毛剤が多く売れているみたいです。

それに、使い心地はもちろん、香りといったものにも注意を向けている人が多くいます。

口コミで広がっているリリイジュは完成するのに、14年という期間をかけてできあがった女の人用の育毛剤です。

リリイジュの特徴とは、抜けかかった髪に働きかけ、健やかな髪の育成をサポートしてくれることです。

また、継続して使用していると、髪の毛が生えてくるのみならず、強度、コシが出るという手ごたえを体感できるのです。

お試しキャンペーンの申し込み前に解約方法をチェック>>アスオイル 解約

カテゴリー
記事

良質なたんぱく質以外にもミネラルやビタミン、亜鉛も大切

もしAGAの治療をしていくのであれば、生活の内容自体を正していくことは男性型脱毛症の症状の悪化を防ぐ役に立ちます。

栄養面でいうと髪に良いものは良質なたんぱく質とミネラル、代謝を高めるビタミン、微量ながら亜鉛も大切です。

こういった栄養素を食生活に取り入れれば、すこやかな髪の成長や頭皮の状態の改善の助けになるばかりでなく、体全体の健康にも良い影響を与えます。

といっても、いきなりそういった栄養素を大量にとればより一層の効果が出てくるという意味合いのものではないので、どちらかというと継続的に摂取することが大事なのです。

国の公的な医療保険が適用される薬としてAGAの治療薬は扱われていません。

ということは、どの科にかかろうとAGAは保険適用外の治療という扱いで、10割を患者が負担することになります。

かかる費用は治療の内容次第でだいぶ幅があるものの、比較的負担が楽なのは後発医薬品の内服薬を継続的に服用していくことです。

費用面で一番高いのは植毛で、時には100万円を超えることもあるようです。

育毛では土壌にも喩えられる頭皮には毛髪を守るために皮脂腺の数も多いので、洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、正常な代謝ができなくなって抜け毛やフケの大発生につながります。

ただ爽快感を得るのではなく、清潔を念頭において丁寧に洗うことは、地肌と毛髪の元気を取り戻すことに繋がります。

すすぎ残りのない洗髪方法は地肌への負担が減ります。

また、必要に応じてスカルプケアシャンプーを使用すると効果的ですし、毎日の生活の中で地肌と髪をケアしていくというのはAGAの症状改善に役立ち、治療のサポートにもなるはずです。

習慣になっている人には耳の痛い話でしょうが、AGAにはタバコは百害あって一利なしです。

タバコを嗜む人ほど薄毛生成因子であるジヒドロテストステロンという性ホルモンが増加するからです。

それにニコチンの摂取は血行不順を招くので気晴らしの代償は高いものにつくでしょう。

真面目に治療に通ってもこれでは元も子もありませんし、これからAGAの治療をしたいのであれば早々に禁煙するのが吉です。

治療のためにクリニックに通いながら、AGAの症状を改善するためのセルフケアもないわけではありません。

たとえば生活レベルの向上です。

といっても贅沢をするわけではありません。

食生活でいうと髪に重要な栄養素が不足しないように、各種ミネラル、亜鉛、タンパク質等を食事から取るか、あるいはサプリを利用するのも良いでしょう。

それから新陳代謝を促すには血行改善が不可欠ですが、タバコは血管収縮作用があるので禁煙するか量を控え、スカルプマッサージをするなど、できることから取り入れていきましょう。

AGAの治療薬を病院で処方してもらうのではなく、それよりリーズナブルに入手する方法には、自分で海外から個人輸入で買うというやりかたもあります。

病院での診察費用はかかりませんから割安に買うことができます。

ただ、日本語ではありませんからなかなかハードルが高いと躊躇するのでしたら代わりに手続きをしてくれる業者はたくさんありますし、最初はそこに頼むというのも手です。

育毛を意識しながら入浴することで、毎日の入浴は男性型脱毛症(AGA)の進行防止に頼もしい味方となってくれるでしょう。

頭皮や頭髪の健康を維持するために血流の活性化は欠くことの出来ない要素ですから、もしシャワーを利用するとしても、お湯を張った浴槽で芯から体を温めることで、血液の循環はだいぶ改善されます。

また、地肌の血行促進のために半身浴をしながらマッサージブラシなどで頭皮をほぐしてやるのもいいでしょう。

自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、簡単にAGAだと即断してはいけません。

多少の個人差はあるものの、シーズンの変わり目などに髪が多く抜けるのは生物学的に当然な現象です。

特に夏の暑さが落ち着いてくる9月頃になると、抜け毛が増えたと言う相談が増えます。

人種の差もありますが成人男性の場合、気候の変化とは関係なしにだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。

男性型脱毛症(AGA)は思春期を過ぎれば誰でも罹りうる病気です。

何歳以上の薄毛をAGAとして扱う等の確固たる基準はないものの、中高生で薄毛のために来院した患者さんでも人によってはAGAの疑いが濃厚なこともあります。

ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、不安を感じたら専門のクリニックで診てもらうことをお薦めします。

それと、有名なAGA治療薬にフィナステリドがありますが、抗男性ホルモン薬であり未成年への使用は禁忌とされていることから、未成年のうちは処方もしてもらえませんし、個人輸入もおすすめしません。

強い緊張や身体的な負荷が原因で抜け毛が急に増えることがあります。

頭の一部分だけに丸い抜け毛が発生する円形脱毛症もストレス性のものであることが少なくありません。

それから頭頂部や生え際が薄くなるAGAの発症も心身のストレスが要因として挙げられます。

動物と同じように人間の場合も、強い刺激や緊張状態が続くと体内のホルモンの分泌に変化が現れます。

AGAは男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症ですから、ストレスが発症の要因になることは容易に推測がつきます。